« 人生楽もあれば苦もある | トップページ | 人間愛について »

2022年5月12日 (木)

「人間は一人では生きていけない」こと

画像 204
.
普段、特に意識しないで何げなく暮らしていますが、よくよく考えると自分の身の回りのものは、ほとんどすべての物が、自分以外の人間が働いて作ったものだという事に気付かされます。

このことから私たち人間社会は、お互いの人間関係によって成り立っており、人間関係無しでは生活していくことが出来ないということが理解できます。この社会で働いている人たちは、何らかの形で人の役にたつ仕事をしており、社会に貢献していると言えます。

逆に言えば、私たち人間が何のために仕事をしているのかというと、もちろんお金を稼いで生活するためですが、もっと本質的な理由は「人の役に立つために仕事をしている」ということです。

また、高齢者や病気など何らかの事情で働けない人たちは、健康で働ける人たちの援助によって、助け合って生活していかなければいけないのです。

人間がこの世に生まれ、生きている理由は「進歩向上するため」です。
そして、人間が進歩向上するためには人間社会の中で人と関わり、他人の役に立つ仕事をして、お互いに助け合うことを学ぶことが必要なのです。人はたった一人では生きては行けませんし、たった一人では進歩向上することもできません。そして、たった一人では生きている目的がなくなり、人間の存在価値もなくなってしまうのです。

« 人生楽もあれば苦もある | トップページ | 人間愛について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生楽もあれば苦もある | トップページ | 人間愛について »