« 考えと行動について | トップページ | 人間が生きて行くことで大切なこと »

2022年5月25日 (水)

片倉慕情・・・

44714[1]
             むかしの湯殿川(イメージ)
むかし、私と中学で同級生だった高山晃さんの詩です。情景がよく描かれていると思います。

「片倉慕情・・・」作詞 高山 晃

1 住吉片倉 城址跡    
   烽火はるかに 駒の音
  水車の瀬音もコトコトと
   要塞いずこに 杉こだち
  里のカタクリ なごり雪

2 川の流れは 湯殿川
   空に流れる 白い雲
  時田弁天 しんしゅう寺
   御代伝える 菩提寺の
  湧き水清し 梅の花

3 峠のぼれば 御殿茶屋
   釜ぬき 富士谷戸 車石
  昔路の道は 絹の道
   兵衛川の 会う瀬にも
  川久保あたりの 花ミズキ

« 考えと行動について | トップページ | 人間が生きて行くことで大切なこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 考えと行動について | トップページ | 人間が生きて行くことで大切なこと »