« 納得した人生を送る | トップページ | 高齢者が幸せに生きていくには・・・ »

2022年5月 5日 (木)

生きることの難しさ

画像 235
.
「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。」
米作家レイモンド・チャンドラーによる探偵小説の主人公、フィリップ・マーロウの言葉。

「今、見ている状況で不安になるのは当然です。そうでなければ人間ではないでしょう。」今現在、戦争に巻き込まれている人々への影響を最初に考えることは、正しいことであり、遠くからウクライナの状況を見ている私たちが、うろたえるのも全く普通のことだと思います。

 
ロシアのウクライナ侵攻という、あってはならない戦争が、世界中の人が、コロナショックがいまだに消えず、世界を覆う中、生き物の頂点の人間として「強さ」と「優しさ」が同時に求められている・・・困難に立ち向かう強さに加え、苦しい状況にある人々に寄り添う優しさが不可欠です。

戦争による経済的影響は、近隣諸国やより広範な地域に急速に広がり、世界で最も脆弱な人々の被害はとりわけ甚大です。以前から何億世帯もの家族が低所得やエネルギー・食料価格の高騰に苦慮していましたが、戦争によって事態は遥かに悪化し、今後さらに格差が拡大する恐れがあります。
 
そして、インフレが多くの国にとって明白で目下の危機となりました。私たちは過去2年間にコロナ禍から立ち上がろうと前進し続けてきましたが、今回の戦争はその成果の多くを帳消しにする危険をはらんでいます。
 
こうしたリスクに有効な唯一の解決策は国際協調です。国際協調こそが、より公平で強靭な未来の唯一の希望であり、私たちの義務でもあります。「政治家は強くなければやっていけない。優しくなければ政治家である資格はない」そんな時代だと思います。

 

« 納得した人生を送る | トップページ | 高齢者が幸せに生きていくには・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 納得した人生を送る | トップページ | 高齢者が幸せに生きていくには・・・ »