« 社会貢献について | トップページ | 自分の生き方に責任を持つ »

2022年4月20日 (水)

人生をよりよく生きる

画像 145
.
「人生をよりよくいきる」を考える
1  幸福のバランスを整える
自分が「幸せだ」と感じる状態になるには、「人生を楽しくさせる要素」をバランスよく保っていることが、大事です。たとえば仕事、健康、人間関係、家族、お金、自分の時間、住環境など・・・これらをバランスよく保っている人は、幸せを感じると思います。
 
2 自分の目標に向かって歩いていく
大事なのはバランスで、どれか重要なものがひとつでも欠けたり、逆にどれかひとつだけ埋まったとしても、満たされない気持ちは生まれてしまいます。また、人は日々変化していくものです。

いまは「幸福のバランス」を保っていても、仕事が物足りなくなったり、体に支障をきたしてくるということが起こり得ます。目標を持って「幸福のバランス」を整えられることが、自分の人生を楽しくすることにつながっていきます。

3  自分の環境とそばにいる人を見直す
人は独りでは生きていけません。仕事なら同僚や仲間、家族ならパートナーや親、自分の趣味を理解してくれる友人などがいて、自分の人生はより豊かになっていきます。
 
同時に、人は環境や周りにいる人に、大きな影響を受けるものです。意地悪するイヤな人と一緒にいても、不幸になるばかりです。逆に一緒にいて心地よく、尊敬できる人のそばにいられるのは、これ以上ない幸せでしょう。

4 物事の見方を変えてみる
ネガティブに物事を考えていると、いいことまでネガティブに捉えてしまいがちです。物事の考え方は、見方ひとつで大きく変わります。大事なことは、今すべきことを一生懸命こなすことです。
 
今の自分が、将来の自分を作ります。あまり先のことを考え過ぎて、悩みすぎないようにすうることです。人生を前向きに捉えて、一日一日を楽しく過ごすことが大切です。
 
○ 自分の人生は、自分のものです。自分が好きだと思う場所で、好きな人と、好きなように生きていいのです。

« 社会貢献について | トップページ | 自分の生き方に責任を持つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会貢献について | トップページ | 自分の生き方に責任を持つ »