« ボケたらいかん…長生きしなされ・・・ | トップページ | ゆっくり生きよう »

2022年3月26日 (土)

怒ったら負け・・・

画像 151
.
私たちが日常生活を送る中で、怒りを感じる瞬間は度々あります。怒りを感じると、自分自身も穏やかな気持ちではなくなってしまいます。しかし、怒りの感情は「自分を守るための感情」だと心理学の中ではいわれています。
 
怒りを発する前に、私たちは悲しみや悔しさ、不安などの感情を心の中に蓄積する仕組みを持っています。しかし、その容量を超えてしまうと、それらの感情を含んだ「怒り」として表にあふれ出てしまうのです。怒りの根底には、複雑に絡み合った悲しみや不安などという感情が存在します。

怒っても物事が解決できない
これといった精神的支柱はない?にもかかわらず・・・プライドや競争意識のかたまり、みたいな人間います。誰からも被害を受けたことがないという人など、世の中にいません。

どんな人間でも何かひどい目に遭っています。被害を受けることは当たり前なのです。被害者コンプレックスで恨み憎しみを繁殖させるばかりだと、私たちは同時に加害者でもあることを簡単に忘れるのです。

他人に怒る理由、他を恨み憎む理由など存在しません。
人は、いい加減な屁理屈を駆使して、他人を恨むため、他人に害を与えるために、いくらでも言い訳だけはつくるのです。勇気を持って、コツコツ頑張らなければ「怒り」という病気は根治できません。その現実をまず認めることで、人格を向上する道がひらけてきます。

「生きることは苦である」
希望を捨てることは、自分の成長を飽きられることとは違います。誰でも日々成長しなければいけません。それた希望をいだく代わりに「今日は昨日よりマシな人間になろう」ということに挑戦することです。

他から害を受けても怒らず憎まず、穏やかでいられるのです。その人の心の幸福を壊すことは誰にもできません。「加害者を許すこと、加害者を憎まないこと、加害者に対しても慈しみの気持ちを抱くこと」・・・これは仏教の教えの一です。

« ボケたらいかん…長生きしなされ・・・ | トップページ | ゆっくり生きよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボケたらいかん…長生きしなされ・・・ | トップページ | ゆっくり生きよう »