« 心の三毒 | トップページ | 道徳…肝心なのは心の豊かさ »

2022年2月11日 (金)

道の道とすべきは常に道にあらず

画像 020
.
~道の道とすべきは常の道にあらず~『老子』の言葉
人生は毎日大変な事が沢山あり、苦難を乗り超えて必死に生きて来たら、気づいた時には、こんな年齢になっていた。 
 
完璧ではないが、一生懸命生きて来た、この人生はいったいどうだったのだろう?そう人生のある地点に到達して考える時、そんな時に答えをくれるのがこの『老子』です。 
 
どんなに自分が努力しても、複雑な社会や人間関係の中で、完璧に生きるなんて出来ないことです。失敗や成功を繰り返しながら、一生懸命生きて来た…その人生そのものに意味があるのです。
 
何が成功で、何が失敗か、なんていう判断で自分を評価したり苦しめたりすることは空しいことです。人が道と名づけた道は、天の道ではありません。だから永遠不変の道ではありません。すべての存在がもともと無であることを知れば、これほど楽な生き方はないのです。
 
人が幸せに生きるとは
日々の生活をより便利に幸せにするために、人類は科学技術を発展させて、文明を構築して来たのです。ですが、そうやって人工的な快適な社会を作り上げ、発展させて来たはずの人類の現状を冷静に見てみると、道を歩く人々は、本当に幸せそうな顔をしているでしょうか?

そしてまた「あなたは幸せですか」と聞かれた時に、「はい幸せです」と即答出来る人がいったいどれだけいるのでしょうか?では、なぜ「幸せ」を実感出来ないのか、その大きな原因が、人生とは人間の考えた優劣や常識に則った、まっすぐの道であるべきだと考えるからではないでしょうか。
 
考えて見れば、人間の一生は短いものです。いつまでも生きていられるわけではありません。その短い、あっという間の人生を、人間の考えた規範ばかりにとらわれて自分を束縛し、苦しむなんてもったいないことです。 
 
水や赤子のように、ありのままに素朴に対立無く生きることが、実は天地自然に添う事であり、もっとも幸せな生き方だと説いたのが紀元前の中国に生まれた『老子』の思想なのです。

« 心の三毒 | トップページ | 道徳…肝心なのは心の豊かさ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の三毒 | トップページ | 道徳…肝心なのは心の豊かさ »