« 品格ある人間 | トップページ | お蔭さま・・・ »

2022年2月20日 (日)

今日という一日

画像 010
.
アメリカの政治家 ベンジャミン・フランクリン の名言に…「今日という一日は明日という日の2日分の値打ちを持っている」…があります。
 
言葉の意味とは?
今日という一日は、明日という日の2日分の値打ちを持っているから得られる、と言うことです。今日できることを明日に引き延ばすのではなく、今日という1日を大事に活用するべき・・・ということです。
 
明日になってしまってから、ああ昨日やっておけばよかった!と後悔するよりも、、、1日伸ばしにせず、今日という日にできることはやっておきましょう。。。今日できること、今日やるべきことを明日に引き伸ばしてしまえば、明日という1日が始まった瞬間にもう昨日という1日のやり残しを片付けることからしなくてはいけません。
 
今日できることを今日しておけば明日はまた明日のための準備もできます。
今日という1日が2日分(二倍の)価値があるということを頭の片隅において時間の使い方を工夫しよう。。。ということです。なんでもかんでも明日、明日へと引き延ばすことは、なんの価値も生み出みだいません。まさに「時は金なり」です。

« 品格ある人間 | トップページ | お蔭さま・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 品格ある人間 | トップページ | お蔭さま・・・ »