« 歩きながら考えた | トップページ | 高齢となって居場所を見つける »

2022年1月18日 (火)

飄々と生きる

画像 034
.
信念があれば飄々として倒れない
「飄々とした人」はふわふわと揺れるような捉えどころのなさが特徴ですが、そうしていながらも「これだけは」という信念を持っています。信念の内容は人それぞれですが、自分なりの譲れないものを大切にしてるのです。
 
この信念が「飄々とした人」の軸となります。しっかりした軸があれば、その分気持ちのしなりも大きくなり、さまざまな状況に対応できるようになるでしょう。この軸となる信念の有無が「飄々とした人」と「ふらふらした人」を分けています。
 
飄々とした人
「飄々とした人」に対して、好感や憧れの気持ちを持つ人は多いものです。現代でもコミュニケーション能力に乏しい人の特徴として「空気が読めない人」は挙げられることが多いものです。それなのに、なぜ「飄々とした人」は他人に好かれやすいのでしょうか。
 
相手のことを認めて受け入れる
人間には誰にでも長所と短所があります。得手不得手もあるでしょう。全てにおいて完璧な人は存在しません。誰もがそれを知っているのに、つい「ダメな人間だ」「こんなこともできない」と自分や相手を責めてしまうことは多いものです。これは知らず知らずの内に、自分にも相手にも完璧を求めてしまうからこそ生まれる感情ではないでしょうか。
 
しかし「飄々とした人」は自分や相手に対して完璧を求めません。足りない部分は他の人に補ってもらえば良いと考えるからです。この考え方は「もっと頑張らなくては」と考えている人にとってホッとする感情を持たせてくれます。そう考えると「飄々とした人」が好感を持たれやすいのは当然かもしれません。

« 歩きながら考えた | トップページ | 高齢となって居場所を見つける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩きながら考えた | トップページ | 高齢となって居場所を見つける »