« 幸せは自分のこころが決める | トップページ | 物事をシンプルに捉える »

2022年1月11日 (火)

地域に愛着を持つこと

16BF410E
.
私たちの生活や生き様に密着した土地、それが郷土(地域社会)です。
そこで生まれ育った人も、また、他の土地から移り住んできた人も、その土地で生活していくためには、その土地を良くしていかなければなりません。

争いがあったとしても、いつまでも憎み続けていたら、将来に対する禍根を残すだけです。現代人は、理念や思想に振り回されすぎます。

肝心なのは、自分の生き様であり、自分の思いです。
理論や理想で飯は食えません。人間は、先ず生きていかなければなりません。生きていくためには、時には、妥協せざるを得ない時もあります。それが現実です。

かたくなに自分の考えや立場に固執するのは、悲劇を長引かせるだけです。だからこそ、愛が必要なのです。自分達が住み、自分達を育んでくれる土地を愛し、感謝する心それが、「地域愛」です。

「地域への愛着」
地域での生活を通して、“地域への愛着”は、時とともに変わります。また、自分から他者、他者から自分に広がりを見せます。

人は「地域への愛」をもつことで、周囲の人や自然、地域のものを大切にするです。一人ひとりのちょっとした気持ちの持ちようによって、人や地域は豊かになるのです。でも、“地域への愛着”は、人間関係と結びついているために繊細であり、努力を怠ると消えてしまうかもしれないのです。

遠い先代から受け継いている土地(自然環境)を、守り未来に引き継ぐことの大切さを、その土地に住む人々が「地域の愛着」を共有することが、大事なことと思います。

« 幸せは自分のこころが決める | トップページ | 物事をシンプルに捉える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せは自分のこころが決める | トップページ | 物事をシンプルに捉える »