« 地域のコミニティについて | トップページ | 小さな善行を積み重ねる »

2022年1月 5日 (水)

高齢となっても前向きに生きる

画像 322
.
私も80代の半ばでの実感
高齢になるほど体力は落ちますし、社会との関わりそのものが薄れてしまったような、心細い気持ちになることもあります。そして、認知症の不安が出てきます。

老いは克服すべき試練
年を重ねることへのそうした不安は、「なるべく長く若さを保っていたい」という心の焦りを生むことがあります。心身の健康を気遣うことは確かに大切ですが、加齢を否定的に捉えるあまり憂鬱になってしまう人にとって、老化現象のすべてはまる克服すべき大きな試練と思います。
 
若い頃より楽しい・・・
実際に高齢者と呼ばれる年齢の方々は、決して不満の多い人ばかりではないようです。むしろ、「若い頃より楽しい」という人も多いのです。「高齢になるほど幸福感が増す・・・」若い頃より多くのものを失うはずの高齢者が、実は幸福感の低下どころか、向上を感じている現象は、世界各国の心理学的調査で明らかになっているそうです。

高齢期に幸福感が向上する理由
人と比較される場面が減ることで心が平穏になる・・・仕事を引退したり、それまで参加していたコミュニティから身を引く年齢になると、少し淋しさを感じる一方、無理な人付き合いから解放されて気が楽になることがあります。

他人と自分との能力差や境遇を比べてストレスを感じる必要もなく、自分の価値観に従ってマイペースに過ごすことができる毎日は、心に平穏な幸福感をもたらしてくれると言えます。また、これまでの経験を活かし、別の形で社会貢献をしようと取り組む高齢者には、より自分らしい新たな居場所とやり甲斐が生まれます。

« 地域のコミニティについて | トップページ | 小さな善行を積み重ねる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域のコミニティについて | トップページ | 小さな善行を積み重ねる »