« 素直な心 | トップページ | 「町会」の必要性 »

2022年1月25日 (火)

歴史に学ぶこと

清水寺[1]
.
歴史は、過去の出来事などから、なぜそれが起きたか、その理由や関係性を考え、その教訓を現代に活かすためにあるのではないでしょうか。過去の人々の叡智や失敗から学ぶことが大事なのだと思います。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
ドイツの名宰相であるオットー・ビスマルクの言葉です。愚かな者は経験からしか学ばない、と解釈できます。しかし、これでは経験したことしか学べないことになってしまいます。

自分が経験できないことでも先人たちが経験したこと、すなわち歴史を学ぶことで、沢山の経験を身に着けることが出来ると言う訳です。
 
当然ながら、先人たちは多くの失敗と成功を繰り返し、その経験の中から歴史という形で、私たち後世の者に貴重な経験談を残してくれているのです。過去から学び、今をよりよく生きることです。
 
格言に「未来は過去の延長線上にある」
今ある現在、そして未来は全て、過去の出来事が基盤となって表れた現象でしかないのです。すなわち、未来を知りたければ過去を学ぶ、歴史を学ぶことが近道だと言うことです。歴史を学ぶことによって今起きていることがこの後どのように進むかを推測できます。そういう力を身につけることが大事なのではないでしょうか。

« 素直な心 | トップページ | 「町会」の必要性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素直な心 | トップページ | 「町会」の必要性 »