« 老人の呟き | トップページ | 大自然の中で生かされている »

2022年1月 9日 (日)

日常の「当たり前」に気づくこと

画像 013
.
「幸せ」は自分自身が決めることです。
そして日常の幸せに気がつくと普段の生活がとてもキラキラと輝きだします。当たり前になっているから普段は気がつかないのです。
 
普段は当たり前になっている健康で気づく・・・
何らかの原因で体調が悪くなって初めて、体に不自由がないことはなんて幸せなんだろう、と実感することができます。体調が回復した直後は「健康のありがたみ」を感じるけど、元気なことが当たり前になるとすぐに忘れてしまいます。
 
人は失ってから気がつく生き物
もし失う前に気づくことができれば幸せをたくさん感じることができると思いませんか。「健康であることが幸せだ」と意識していれば体が不自由なく動くだけで自分は幸せな気分になることができます。
 
満足するごとに、幸せを感じることに鈍感になる・・・「もっともっと」と、自分自身で幸せのハードルを上げてしまい、結果、現状が不満の多い生活であるように錯覚してしまうのです。
 
幸せかどうか? 必要なのは自身が感じる力
「幸せとは、ポジティブ感情である」ポジティブ感情とは喜び、感謝、安らぎ、愛、希望などであり、その意味で、日常の当たり前の「幸せ」に気付くことが大事です。「お正月に、子供・孫たちに囲まれ嬉しい」・「夜寝るときに今日の無事に過ごせて感謝」・・・日常の当たり前の「幸せ」に気付くことです。
 
感謝の気持ちをもつこと
私たちの世界は、人との関わりで成り立っています。家族や仕事相手、友人など毎日誰かしらにお世話になっています。人とそれほど関わらない生活をしている場合であっても、どこかで誰かの働きの恩恵を必ず受けているものです。

« 老人の呟き | トップページ | 大自然の中で生かされている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老人の呟き | トップページ | 大自然の中で生かされている »