« 中庸の精神 | トップページ | 俳句を創る »

2022年1月28日 (金)

今日という日は二度と来ない

画像 020
.
「・・・今日という日はもう二度と来ない・・・」イタリアの詩人ダンテの言葉

「今日という日はもう二度と来ない」・・・だから一日一日を大切にすることです。毎日、明日が当たり前にやってくると思い込んでは、いけないということです。毎日、明日が当たり前にやってくると思い込んでいる私たちにとっては、少々現実味に欠ける言葉かもしれません。

過ぎ去った日々や時間を取り戻すことはできませんが、その日一日を大切に生きることが大切です。「~したら~しよう」と自分自身へ条件付けをして、行動を先延ばしにせずに一日の重みを感じましょうということです。

今日という日がニ度と来ないということは誰もが知っているでしょう。今日という一日は過ぎてしまえばもうニ度とはやって来ません。こんな説明不要の当たり前のことですが、今日やるべきことを、明日・・・また明日・・・と先延ばしにしてはいないでしょうか?

「光陰矢のごとし」
この先、立ち止まる、、、つかの間の休息や後退、、、そして回り道が必要になることも必要になるかもしれません。もちろん、それは無駄な時間にはなりません・・・。人生にとって大切な時間と受け止め、「時間の使い方について・・・」考えていきたいと思います。

« 中庸の精神 | トップページ | 俳句を創る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中庸の精神 | トップページ | 俳句を創る »