« 高齢となって居場所を見つける | トップページ | 毎日を大切に生きる »

2022年1月20日 (木)

生老病死・・・人の一生を考える


画像 229
.
「人の一生」生・老・病・死について
食生活の改善、医学の進歩、保健衛生の向上、生活環境の改善等により、人生五十年から人生八十年となった今ではただ長生きではなく、健康で元気という条件付きの長生きが追求されています。しかし現実は年と共に体の自由を失い、歩くことも困難になり、耳も遠くなり、若い者から邪魔者扱いをされ、こんな筈ではなかったと愚痴をこぼしたくなります。

頂いた命
頂いた今日という日は昨日亡くなっていたとしたら、今日という日はとてつもなく大切にしたい日であります。そのことに気が付かされれば、今日一日精一杯、自分の出来ることをさせていただく気持ちでいっぱいになるでしょう。

人に褒められようと褒められまいと・・・人に認められようと認められまいと・・・人に馬鹿にされようがされまいが、自分なりに精一杯させていただく・・・。そして睡魔におそわれ床につくとき、「今日もお陰様で一日励むことが出来ました。」と床につかせていただくのです。

幸せを感じる
背伸びすることなく自分なりに今日を精一杯生きること、その積み重ねが永遠に生きることに繋がります。もう一度人生をやり直せたらなんて考えたこともありましたが、「私の人生これで良かった…」思えます。

人に褒められることもなく、なんの手柄も立てられず、名声を博することも出来なかったが、私は私で良かった。長生きできるか分かりませんが、嬉しいことです。有難いことです。

« 高齢となって居場所を見つける | トップページ | 毎日を大切に生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢となって居場所を見つける | トップページ | 毎日を大切に生きる »