« 現実と折り合いをつける生き方 | トップページ | 郷土を愛することの大切さ »

2021年12月11日 (土)

幸せはシンプルで奥深い

画像 453
.
幸福だと感じている人たちは、習慣や物の見方、性格に共通点があるように思えます。
「どれもシンプルで奥深い」
今のような閉塞感のある時代であっても、普遍的な答えがあります。それは、幸せであること。幸せの形は人それぞれで、それを実現するために、仕事をしたり、勉学に励んだりするのです。

生きる意味が幸せであることなら、やるべきことはおのずと見えてきます。心を軽く、気持ちを楽にすること。それだけでも、幸せであることはできるのです。

「生きる意味は、幸せであること」
誰かと比べて幸せだとか、他人から見て幸せそうだとか、そんなことは関係ありません。自分が幸せだと感じられることが大切なのです。
 
「とらわれた心を自由にする」
先入観にとらわれた心は、認識がゆがめられ、自由を失っている状態です。自由を失うと、自分自身をも見失います。本当に幸せであるためには、とらわれた心を自由にすること。その価値観を身につけることが、大切なのです。
 
「人と比べることの無意味さ」
誰かより優位に立つことが目的になると、必要のないことにお金をつぎ込んだりして、真の幸せから遠ざかるのです。自分を卑下する価値観にすがりつくことも、幸せから遠ざかります。人と比べることは、自分を幸せにはしないのです。
 
「終わらせることの大切さ」
新しい自分に変わりたい。心機一転、新しいことを始めたい。そんな思いとは裏腹に、ぐずぐずと変われないでいる現実……。どれもきっちりと終わらせることが大切です。始めることばかりに意識をとられがちですが、ケリをつけることも同じくらいに重要なのです。
 
「報われないこともあると知る」
努力はいずれ報われる…。そう信じていると、不得意なことに時間や労力を費やすことになり、無駄な努力となってしまいます。世界は公正にはできておらず、いつも正しい因果関係が成り立つわけではないのです。それを知っておくことで、被害者意識や逆恨み、偏見にとらわれることもなくなります。

« 現実と折り合いをつける生き方 | トップページ | 郷土を愛することの大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現実と折り合いをつける生き方 | トップページ | 郷土を愛することの大切さ »