« 思いやりと郷土愛 | トップページ | 生きていることに感謝 »

2021年12月 6日 (月)

恩送り

画像 031
.
多くの人の優しさや助けによって、今日まで生きてきた私たちです。
かつてお世話になったその人たちに、「いつか“恩返し”できたら・・・」と、誰もが心の片隅に何らかの感謝を抱き続けているのではないでしょうか。

「恩送り」とは
「恩返し」は基本的に恩をくださった方にお返しする「一対一」のやり取りですが、恩送りは一つの優しさや助けを受けたとしても、その喜びや感謝を渡す人数に上限はありません。

助けや優しさをくれた相手に何らかの形でお返しする「恩返し」ではなく、自分が受け取った思いやりある行為を全く関係のない第三者に受け渡していく、それが「恩送り」です。いわば「恩のバトンリレー」です。
 
・・・「恩送り」を受け取った相手が、同じように何人もの人々に恩送りをしたら・・・
そのあたたかな恩のバトンは次々と無限の広がりを見せていきます。人から受けた恩はバトン。「恩返し」ではなく「恩送り」という考え方です。

誰かに対して時間や手間を割いたことに対して、大なり小なり相手からの見返りも期待してしまいがちなのが、私たち人間です。ところが恩送りは、あくまでも「はい、どうぞ」と恩を渡す行為であり、そのベクトルは自分から相手への一方通行です。

最初からそのベクトルの方向性が自分でもはっきり認識したうえで行動に移せれば、心のどこを見渡しても、見返りを求める気持ちがない自分に気づくはず。自己犠牲の精神や、恩着せがましさもなく、自分自身がとてもすがすがしくいられます

« 思いやりと郷土愛 | トップページ | 生きていることに感謝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いやりと郷土愛 | トップページ | 生きていることに感謝 »