« アンチエイジングのこと | トップページ | 人生は修行の場 »

2021年9月20日 (月)

怒ったら負け

DSC071201[1]
「怒れば必ず負ける」
「…怒りにたいして、怒りを返すならば、さらに悪を積み重ねることになる…。」

今、私たちの身の回りで「怒る人」がふえています。電車の中や駅で、何かのお店の中で、駅員さんや店員さんの対応が気に入らないなどの理由で、訳もなくキレて怒鳴っている。こんな人をよく見かけます。

それどころか「怒って何か悪い」・「怒るのは相手が悪いからだ」という人さえいます。しかも、その「怒る人」が若者よりも中高年者に多いようなのも気になります。激しく変わって行く世間が気にくわない、自分が大切にされていないという思いが、ちょっとした機会に吹き出るのでしょうが、これも自分を守ろうとする自我の意識の表れにすぎません。

しかし、いちど怒りを爆発させると、自分を抑えられなくなって、怒りはますます強くなり、心は怒りで一杯になって身も心も消耗させてしまいます。怒りは、まさに私たちにとって猛毒なのです。

高齢となって「…”自分の思い通りに行かなかった時”…」怒るのかも知れない。その怒りの相手は様々です。相手が自然のときも・・・でも、天気が悪いと怒ってみても仕方がない・・・結局、身近な所に怒りをぶつける・・・。そしてその人の周囲に暗雲がたちこめることになるのです。
 
人間、一番心の底から怒るのは、理不尽なことをされた時です。理不尽にされたときに対する、怒りは心に残ります。怒りは体に良くありません。
 
周囲を見回すと、怒った姿を見たことがない、という人もいます。これは性格だろうか、それとも人間のスケールの違い? でも、怒ったことがない人は、逆に甘く見られることがあるので注意です。

年を取ったいま、家庭ではどうか? 
老夫婦だけの暮らしでは、自分の機嫌の悪さを、カミさんにぶつけても、自分に跳ね返ってくるのみで、アッと言う間に逆襲され、「スミマセン」と謝らされるのがオチ・・・。怒ったら負けを、何度も反省することになるのです。

« アンチエイジングのこと | トップページ | 人生は修行の場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンチエイジングのこと | トップページ | 人生は修行の場 »