« 日々の暮らしを丁寧に | トップページ | 川の流れに従って生きること »

2021年7月 8日 (木)

自分さえ良ければの考え

f8824a5006ff4d81bfc5bd2c6f908279[1]

孔子の言葉に「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」とあります。
ある時、一人の弟子が「人生で最も心がけるべきことはなんでしょうか」と孔子に尋ねたそうです。

孔子は、「自分が嫌だと思うようなことを、人にしてはならない。まず、自分の行動を慎み、全体の決まりに従うことが大切である」と答えました。

現代において、他人の迷惑も顧みず「自分さえよければよい」というような行動を取る人を見かけます。この「自分さえよければいい」という心理には、「自分一人で生きている」という考えがあるように思います。

他人との調和を図るためにも、まず「自分が嫌な事は他人にもしない」「相手の喜ぶことは何かを考える」ことは、社会生活においても、ビジネスにおいても、大いに考えなくてはならないことだと思います。

自分はいいと思っている行為も、多くの人が”良くないこと”…でマナーであり、ルールに犯している…とされていることは、「してはいけない行為」です。

そして、「人が見ていないから、誰かがやっているから」は、理由にならないのです。地域の環境美化からも、やってはいけない、「タバコの吸殻のぽいすて」「ゴミのポイ捨て」は絶対にしないことです。八王子市は、全市内歩行禁煙と条例に定められています。

« 日々の暮らしを丁寧に | トップページ | 川の流れに従って生きること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々の暮らしを丁寧に | トップページ | 川の流れに従って生きること »