« 人間の最終目標は・・・ | トップページ | 高齢者が生きがいを持つこと »

2021年6月12日 (土)

自負心とプライドについて


画像 041
「自負心」は自分の才能や仕事に自信と誇りを持つ心という意味の言葉です。それが過ぎると「思い上がり」や「うぬぼれ」になってしまいます。

「自負心」の意味は「自分の能力・業績・仕事に、自信や誇りがある気持ち」です。物事や自分の実力などに対して、自信や誇りを持っている気持ちを表します。

「この分野においては誰にも負けない」「ある物事において自信がある」といった気持ちを指します。自分のことに対しても、周りのことに対しても全て自分に責任があるということです。

「プライド」とは、自慢、得意、満足、自尊心、誇り、自負心、うぬぼれ、思い上がり、等が主な意味として出てきます。良い意味としても、悪い意味としても使われる数少ない言葉の一つが「プライド」です。

プライドはあっていいものの、無駄に意地を張ったり、恥を恐れて挑戦できなかったりと、高すぎると社会でうまく活躍できなくなってしまいます。

人間の生きていく理想は「自負心」・「プライド」を持つことが大切です。そのことを理解したうえで「能ある鷹は爪を隠す」をサラリとやってのける姿勢が大事です。

私は、謙虚さ・素直さ・誰にでも同じ態度で接すること・品格、強さをうちに秘め、それを表には出さないことにあると思います。

« 人間の最終目標は・・・ | トップページ | 高齢者が生きがいを持つこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の最終目標は・・・ | トップページ | 高齢者が生きがいを持つこと »