« 当たり前に感謝 | トップページ | 山に登ることを人生に例えたら »

2021年6月19日 (土)

高齢期の輝き

img_1[1]
高齢期は心身の衰えを伴うが、一方で豊かな経験と知識を身につけています。それらを生かして高齢期は人生における最も輝く時期であっていいハズです。
 
老いて初めてわかること
「高齢期の輝き」は青年や壮年のように輝くことなど、あり得ません。歳を重ね、体力、気力の衰えを受け入れ、その上で自分の高齢期の生き方を、求め続ける姿こそが「高齢期の輝き」です。
 
老いて何が見えるか
人には、年をとつて初めてわかる驚きがあり、年をとって初めてわかち合える喜びあります。老年こそが自己発見と相互再生の黄金期で、老いてはじめて物事が見えてくるのです。

老いの輝きとは知恵の輝き
知恵とは違う、道理を知る判断力で、知恵は豊かな経験と、知識を基に身につくものだからです。身につくには長い歳月とを必要とし、知恵こそが高齢者が有する最高の特質だと言えます。 

経験には失敗もあれば挫折もあり、悲哀もあれば屈辱もあります。辛い思いをしながらそれらに学び、それらをすべ乗り越え、感謝の気持ちや思いやりの大切さも、分かるようになるのが知恵です。

知恵とは「世渡り上手」のことではありません。頭の回転が速いとか、やり手だとか、如才がないとかとも違います。人が生きる上でもっとも大切なものをわきまえる「術」のようなものです。

やさしさ、人の気持ちを思いやる心、ものごとに感謝する心のようなものです。人と争うことのむなしさ、殺し合うことのむなしさ、命の大切さ、自然の大切さ、自然との共生、人との共生の大切さ、こうしたことに気づけば高齢期は自然に輝くことでしょう。

気づかなければ輝くことなく終わるでしょう。だから人は老いても、豊かな生活を求めて努力しなければならないと思うのです。そして、高齢期の輝きの色調も一人ひとり異なります。それぞれ自分の色わいと強さで輝くことです。

« 当たり前に感謝 | トップページ | 山に登ることを人生に例えたら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当たり前に感謝 | トップページ | 山に登ることを人生に例えたら »