« 山に登ることを人生に例えたら | トップページ | コロナ禍で人の絆の薄れが不安 »

2021年6月21日 (月)

年寄の体調は変わりやすい

画像 320
「年寄の体調の急変する」・・・私も実感・・・
昨日は、元気でウオーキングしていたかと思えば、今日はどうも、胸が変で?・・・また転んで足を痛めたり、腰を痛めらり・・・気をつけていても起こり得ることです。
 
お便りの冒頭に・・「体調はいかがですか。」・「お元気でいらっしゃいますか。」・ 「お変わりございませんか。」などの気遣いが大事です。
 
何かを頼むときの礼儀
「親しき仲にも礼儀あり」とは、どんなに親しい間柄であっても、礼儀を忘れてはならないとする戒めの言葉です。気を許した相手にはついつい甘えてしまい、この位は許してくれるだろうと、心無い言葉をぶつけてしまうことが往々にしてあるものです。
 
そのような気のゆるみから、大切な人間関係にひびが入ってしまうリスクを回避するためにも、相手に対して「礼儀」を守るという基本を忘れないようにしたいものです。
 
「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」とは、「優れた人物は人と親しくしてもむやみに同調することがない。器の小さい人間は自主性を欠いてすぐに人に同調しする」という意味です。
 
他人と真に親しくつきあうには、一線を引いて独立した精神を持つことが必要だと述べており、「親しき仲にも礼儀あり」と通ずる精神であるといえます。

« 山に登ることを人生に例えたら | トップページ | コロナ禍で人の絆の薄れが不安 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山に登ることを人生に例えたら | トップページ | コロナ禍で人の絆の薄れが不安 »