« 「幸せ」は自分の心できめるもの | トップページ | 高齢者の生きがい »

2021年6月 5日 (土)

純粋な心を取り戻す


画像 077
稲盛和夫氏の言葉に
「純粋な心を身につけることによって、私たちは間違いのない人生を歩んでいくことができます。純粋で私心のない心、すなわち人間として高い見識や見解を判断基準として物ごとを決め、人生を歩めば、その人の人生に大きな潤いとすばらしい結果をもたらすのです。」があります。

それには、これをすれば、「人に喜んでいただけるし、自分も幸せ感が味わえる」私たちはみんな、子供のころ純粋で、本音で話し、素直に人の言うことを聞き、嬉しいことがあれば、人目を気にせず、大喜び、偏見や固定観念を持たず、そのまま吸収していました。

間違ったことをしてしまったら、素直に謝り、人のアドバイスには、純粋に従っていました。打算や損得勘定を考えることもなかったはずです。私たちは本来、純粋な心あったのです。

純粋な心とは、生まれつきの性格ではありません。もちろん才能でもありません。そして、純粋な心は、遺伝も関係ありません。純粋な心は、本人の意識と努力によって取り戻せます。

純粋な心とは、心持ちであり、行動習慣です。純粋になるのではありません。純粋な心を取り戻すことです。たとえば、本音で話す習慣です。本音で話す習慣は、性格に関係なく、本人の心がけで実現できます。

相手を傷つけそうな言葉なら、言葉を選んだ上で本音を話すようにすればいいでしょう。本音を話す習慣があれば、自然と純粋な雰囲気が出てきます。人目が気になっても「人は人、自分は自分」という哲学を思い出すことで、自分に集中することができます。

« 「幸せ」は自分の心できめるもの | トップページ | 高齢者の生きがい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「幸せ」は自分の心できめるもの | トップページ | 高齢者の生きがい »