« 私の住む町が好き | トップページ | 地域に生かせ「お互い様」精神 »

2021年5月29日 (土)

ふるさとを愛する心・互助の精神

51688059[2]
「理論や理想で飯は食えない。人間は、先ず生きていかなければならない。生きていくためには、時には、妥協せざるを得ない時もある。」それが現実です。

故郷を大切に思う心・郷土愛
かたくなに自分の考えや立場に固執するのは、悲劇を長引かせるだけです。だからこそ、愛が必要なのです。自分達が住み、自分達を育んでくれる土地を愛し、感謝する心それが郷土愛です。
 
人に恵みをもたらすのは大地です。自分を生かしてくれている天や地に、感謝する心を失うことが、悲劇の根本にあるのです。それは、人間の傲慢さです。
 
人を生かすは、観念ではなく、事実です。自分を生かす、生まれ育ったを土地を荒廃させ、退廃させることは、いかなる道義をもっても許されません。
 
昔は、何処にでも、世話役がいました。それは、土地に対する愛着があったからです。地域社会で人々が、助け合うことその・・・「互助の精神」・・・利害を調整することばかりが能ではありません。助け合うことこそが、最も大切なことなのです。

« 私の住む町が好き | トップページ | 地域に生かせ「お互い様」精神 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の住む町が好き | トップページ | 地域に生かせ「お互い様」精神 »