« 今こそ「仁」が大切 | トップページ | 私の住む町が好き »

2021年5月28日 (金)

言って良いこと悪いこと

画像 125
田中角栄元総理の名言に
「言って良い事・悪い事」「
言って良い人・悪い人」「言って良い時・悪い時」というのがあります。この言葉を読んで、「なるほどなぁー」と思いました。

たとえ言って良い事であっても、「言って良い人と悪い人があり、言って良い人であっても言って良い時と悪い時がある・・・。」空気を読むことの大切さ、言葉の重さを教えられます。口から一旦出た言葉は元には戻らないのです。

最近は「言いたい事は誰でも、何処でも、何時でも、何でも言っていい」というような風潮になったきた気がします。それを助長するような報道やテレビ番組も多いように思います。


良好な人間関係を構築・維持するためには適切な言葉、相手、時、場所の選択・判断はとても大事なことで、特に若い世代にはこのことをしっかりと伝えないといけないと思います。

思ったことは何でも本気・本音で言うことが良いとは限りません。それによって相手を傷つけたり、不愉快にさせたり、相手の立場を悪くしたり、その場の雰囲気(空気)を悪くする場合もあります。また会議であれば本筋から外れたり、重要事項の時間配分にも影響してロスタイムにもなります。


普段のコミュニケーション・人間関係も言葉で成り立っています。
正しく「言って良い事・悪い事、言って良い人・悪い人、言って良い時・悪い時」が判断できるようになれば、人生も全てがうまく良くといっても過言じゃないと思います。

« 今こそ「仁」が大切 | トップページ | 私の住む町が好き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今こそ「仁」が大切 | トップページ | 私の住む町が好き »