« 信念を貫く | トップページ | 町会はどうあるべきか »

2021年3月18日 (木)

住んで良かった町に

P1020522[1]

私は、私たちの住む町のゴミ拾いをしています。
ゴミ拾いをすることは、なんとなく気恥ずかしいものです。ましてや、バス停などは、その人たちの足元に落ちている吸い殻を拾うのには、相当の抵抗があります。

しかし、人間というものは、そうした抵抗を超えていくことで心が鍛えられ、より成長できるものだと思います。ですから、吸殻を一日に少しずつでも拾って歩けば、そのたびに大きな勇気が得られることになります。

私は、散歩するとときは、いつもポケットに、軍手とゴミ袋が入れて、ゴミが落ちていれば、拾っています。むかし娘に、「お父さん止めて!」と言われたことがありましたが・・・今では自信をもって拾っています。

単に拾っているということではなく、自分に挑戦、自分への変革への強い思いと、昔の人のように「人情・思いやり・助け合い」の町にするには、きれいな町にするのが基本と思うからです。私のゴミを拾う姿を見て、一人でも分かってもらいたいと思いす。

私は、私たちが住む町は、安心・安全で人々が思いやりがある「住んでよかった町」みんなが実感できる町に強く思います。

« 信念を貫く | トップページ | 町会はどうあるべきか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信念を貫く | トップページ | 町会はどうあるべきか »