« 老いを考える | トップページ | 今年の節分のことで思う »

2021年1月20日 (水)

自然の摂理に従う

画像 230

「自然の摂理」に従う
自然の摂理とは、自然界のいろいろな生き物たちが織り成す生態系の法則は「弱肉強食」ですが、強者でもお腹が空いた時だけ、食料としての弱者を捕るだけであり、それ以上の殺戮しません。

植物では、お互いに助け合いながら生命を維持しています。このため、いろいろな植物が混在している森があり、昆虫がいて、昆虫を食べる鳥がいて、小動物がいて、それを食べる大型動物がいるという植物連鎖が起きます。

この生態系の法則が自然の摂理です。この自然の摂理に従った生活をしていると、持続可能な生活が出来るのです。

今、私たちは自然の摂理を理解して、その範囲で如何に豊かでありながら、持続可能な生活が維持できるか、真剣に追求することが必要な時代なったのです。

それもなるべく早くその仕組みを確立することが必要なのです。そうしないと、今まで人類が経験したことがない、悲劇が起こると予想されています。

自然の摂理の法則は、生物多様性を益々多様化させる営みを支援する仕組みがあります。この自然の仕組みを利用して、人間は、里山、里海、里地を生み出しました。

この人間と自然が共生して、生物多様性を増して、環境の改善に役立っているのです。「自然の摂理」をもう一度考えなければと思います。

« 老いを考える | トップページ | 今年の節分のことで思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いを考える | トップページ | 今年の節分のことで思う »