« 祈るしか出来ないこと | トップページ | 素直な心と謙虚な姿勢 »

2020年12月 3日 (木)

損して得とれ


画像 020
.
「損して得とれ」とは、今は損すると思うかもしれないが、先を見据えてじっと我慢して耐え努力することで、それがやがて自分の利益に結び付くという意味です。
.
人は誰しも損得で物事を考えてしまいます。自分がその時損をすると思っても相手に対し、誠意をもって物事に取り組むことで、人に喜ばれたり人助けになれば、それは功徳を積むことになります。

損をしたと感じるのは、人の価値観によって異なりますが、物事に対する自分の姿勢が一番重要です。人に認められる為には、自分が常に謙虚な心を持ち、努力を重ねていくことです。

徳を重ねると、「あなただから任せたい」と思ってもらえるようになります。徳を重ねると、きっと豊かな人生が歩めるはずです。頼まれ事やボランティアなどは、自分の時間や体力、金銭的なことを優先して考えてしまいます。しかし、何事も信頼が大切ですので、得より徳を優先しようと思います。

世の中には、損得を考えずに周囲に尽くす人がいます。その人には損得勘定抜きで支えてくれる人が集まっています。そう人を見習って、人に尽くしていきたいものです。

誠実かつ一生懸命に仕事をしていれば、信頼は高まり、世の中の役に立つことができるはずです。また、損得を考えずに周囲に尽くせば、損得勘定抜きで支えてくれる人が集まることでしょう。

« 祈るしか出来ないこと | トップページ | 素直な心と謙虚な姿勢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祈るしか出来ないこと | トップページ | 素直な心と謙虚な姿勢 »