« 自らを見つめ直す | トップページ | 信頼して欲しけれが行動で示せ »

2020年12月25日 (金)

宗教と哲学

画像 207

宗教は信じること、哲学は疑うことが大切

宗教⇒「信じる」ことが基本姿勢

哲学⇒「疑う」ことが基本姿勢

何でもいいので救いを求めたい、信じられるものが欲しい場合は、哲学よりむしろ宗教に頼る方が良いでしょう。どこまでも真実を追求し、成長し続けるには哲学を身に付けることが役立ちます。

宗教は精神安定やコミュニティの形成に役立ちます。
何も信じることができなければ、精神的に不安定なままです。それが正解との保証はどこにもありませんが、宗教は人生の様々な悩みに対し、「正解」を用意してくれています。

色々な宗教の考え方を身に付け、自分が納得する答えを身に付けている人は、何も持たない人より強いメンタルを持てるでしょう。また同じ世界観を共有している人たちで集まることで、コミュニティを形成できます。


一方、哲学は真実を探求することに役立ちます。信じることが重要(疑うことを罪とする)宗教と違い、探求に終わりはありませんので、つらい道ではあります。実際、過去には人生問題をどこまでも探求しても、一向に答えてくれない哲学に絶望し、自殺した人間も・・・。


哲学と折り合いをつけるために宗教があるのかも知れません。明確な「正解」は誰も与えてくれませんが、探求し続ける姿勢が科学の基本姿勢となり、先人たちの知恵を繋いで、今の文明社会が築かれました。「信じること」と「疑うこと」は正反対の動きですが、どちらも他方にとって欠かせないものなのです。

« 自らを見つめ直す | トップページ | 信頼して欲しけれが行動で示せ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自らを見つめ直す | トップページ | 信頼して欲しけれが行動で示せ »