« 怒ったら負け | トップページ | 人生に定年はない »

2020年12月 9日 (水)

平凡に生きることの大切さ

画像 314
私の毎日は、ほとんど平凡に過ぎています。
毎日飲み続けなければいけない薬を飲み、運動不足に気をつけて毎日7000歩を目標に、新型コロナウイルスに気をつけて、マスクを付けて歩いています。いつになったら、安心できる来るのだろうかと憂いながら・・・

いつもと同じように朝が来て、いつもと同じように日が暮れます。喜びもあれば、悲しみも憂いもまたあります。社会に対して、環境美化に気を使い(ゴミ拾いをする)ぐらいで、これ以上たいした貢献を行うことも、出来そうもないです。

しかしだからといって、私の人生に意味がないということではありません。・・・平凡であるということの中にどれほど、豊かなものが含まれているのか・・・今生きているというそのことの中に、すでに大きな意味があると思います。


たったひとつだけ必要なものがあるとすれば、それは他の人と、つながっているということでしょう。人間関係が豊かに結ばれていること・・・そのことさえあれば大丈夫。。。

あとは日々の生活の中に立ち現れてくる出来ごと、私の前に現れる人との間に起こることを味わうだけです。そしてもし私たちが平凡と思われる生活から、切り離されてしまったとしても(たとえば病を得るというようなこと)、そこにもまた平凡は隠されているはずなのです。

一日一日を味わいながら過ごすこと、そのことが今の私にはうれしいことです。そして過ぎていく平凡な一日一日が、私にとっては、かけがえのないものです。

« 怒ったら負け | トップページ | 人生に定年はない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒ったら負け | トップページ | 人生に定年はない »