« 人生は色々 | トップページ | 老人はどう生きればいい »

2020年12月18日 (金)

言行一致が信頼性を高める


画像 229

言っていることと、態度振る舞いが一致しないとき、人は、どちらを信じると思いますか?
.
「言行一致」
人間の信用信頼は言行一致があってこそ成り立つのです。『「言うは易し、行うは己との戦い」誰が邪魔するわけでもない、自分が自分自身を止めさせる』現実化するかしないかは、その本人が持つ心の継続力です。
.
人間誰しも心が弱くなり、迷いやあきらめが生まれます。その時、その心を強くしてくれるのも自分の心でもあるのです。
.
心自体を強くするしないは心一つです。自分の心が自分の心をつかみ、間違った方向へ進まないように、管理しなければなりません。形のない心が有形無形の過去を創り、有形無形の未来も創る・・・最もつかみ難い心が自分の人生を創っているのです。
.
普段、自分自身の心と対話をしなければ、もう一人の自分が勝手気ままに動きます。言行一致しない理由は他ではなく、自分自身の心に問題があるのです。
.
言行一致は、言葉と行動を一致させることです。それが、自分に対しても、他者に対しても、信頼を生む唯一の方法です。言葉と行動が一致している人には、一貫性が生まれ、そこに信頼が生まれます。
.
自分との約束を守る人は、自己信頼、つまり自信が育まれ、他者との約束を守る人は、他者からの信頼を得られます。本当に基本的なことですが、多くの人は、自分との約束を守ることができません。
.
自分でやると決めたことを続ける・・・自分でやると決めたことは、ブラさず、やり続けること・・・これが唯一、自分に自信を持つ方法だと思います。

« 人生は色々 | トップページ | 老人はどう生きればいい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生は色々 | トップページ | 老人はどう生きればいい »