« サスティナブルな社会を考える | トップページ | 自分らしく生きる »

2020年10月29日 (木)

晩秋の想い

3e0efb42073e3a102d859b5d9b3710fb[1]

深まりゆく秋の景色を見ながら、夕暮れ時なぜかしら寂しく思います。若い頃、沈む夕日を見て秋は何とも言えぬ、寂しさを感じたのとは別の思いです。

今は私の人生と照らし合わせて見ているせいでしょうか。最近、気は若いつもりでいますが、確実に歳を感じます。目の衰えであったり、物忘れが多くなったり、ちょっとした所でつまづいてしまったり、散歩しても、歩く速度も遅くなっていることを実感する毎日です。

つい数年前、ボランティアで、地域の清掃活動をしている時、私はまだまだ若いと思い、老いなんてずっと先のことと思っておりました。当たり前のことなのに気持ちがついていかなくて困ったものです。

秋から冬へと季節は変わっていきます。風邪の予防注射は済ませましたが、新型コロナの終息が見えない昨今で、人と話をすることにも控えなければと・・・何とも言えぬもの悲しさを感じる今日この頃です。

寒い冬に備え衣類や暖房と生活する上での準備はできますが、人生の冬へと向かう準備はと思うと、立ち止まってしまいます。どんな心構えが必要なのか、何をすべきなのか不安で一杯になります。

« サスティナブルな社会を考える | トップページ | 自分らしく生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サスティナブルな社会を考える | トップページ | 自分らしく生きる »