« 晩秋の想い | トップページ | 歴史を学ぶ意義 »

2020年10月30日 (金)

自分らしく生きる

平林寺境内11

モノや情報が溢れかえり、忙しく時間に追われ、つい自分を見失いがちになってしまう現代社会です。そんな中でもブレずに、いつでも自分らしく心から「幸せ」を感じて生きていくには・・・

ある意味で、”生きにくさ”を感じるこの時代・・・翻弄されず、芯をしっかりもって、しなやかにイキイキと輝いて「幸せに生きる」にはを・・・考えてみました。

心に余裕を持つ
私たちはともすれば「みんなと同じでなければ」と考え、自分らしさを出さないようにと、気をつかいます。しかし、その結果、意志の疎通を欠き、心のふれあいのない冷たい人間関係が生じる傾向があります。それには「心に余裕を」持つことです。

一日を大切に生きる
「幸せを感じやすい」という人は、一日一日を大切に過ごしています。多忙を極めてくると、日にちがあっという間にすぎて、時間の感覚も短く、流されるように過ごしてしまいがちなります。忙しい中でも意識することを忘れなければ、一日がいつもより有意義になると思います。

他人と比べない
私たち一人ひとりが、自分というものをしっかり理解し、ほかの人の「違い」を受け入れられるようになることが、誰れもが、伸び伸びと調和して生きられる豊かな社会を築き、社会の中でも調和していくことにつながると思います。

« 晩秋の想い | トップページ | 歴史を学ぶ意義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の想い | トップページ | 歴史を学ぶ意義 »