« ゴミのポイ捨てを考える | トップページ | 健康寿命の配慮・介護を受ける心構え »

2020年10月22日 (木)

高齢となって心の支え

9a43f7a2[1]
年齢が高くなるにつれ、これまで乗り越えてきた手立ても通用しなくなり、何もできない午後を過ごすことが非常にツラく、身体の神経が痛み、時間の概念が恐ろしくなってきます。

私のような境遇の人は世の中にはたくさんいます。嘘か真かはあってもインターネットにはそういったサイトも多数あり、声を上げていない人はもっと居るだろうと推測されます。

私も、超高齢者の一人となり、自分から車の運転免許も返納して、行動距離も狭くなり・・・でも仕方ないから考えない・・・そういう「心持ちまで持って」いけるかということです。もちろん、悩みます。

心の支えは
私は、超高齢となっても地域のために、少しでもお役に立ちたいという気持ちを持つこと・・・「地域内の清掃活動」を行っています。地域の皆さんと笑顔で挨拶する。「まぁーそれが出来るから幸せと」と思っています。

ですから高齢となっても、自分に自信を持つことの実践で、家庭園芸・カラオケ・散歩などの趣味?を行動を起こすことで、生きる自信が付くことだと思います。

« ゴミのポイ捨てを考える | トップページ | 健康寿命の配慮・介護を受ける心構え »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴミのポイ捨てを考える | トップページ | 健康寿命の配慮・介護を受ける心構え »