« 生物の共生を考える | トップページ | 住んで良かった町にしよう »

2020年8月22日 (土)

人の出会いと人生について


07akitakoma
「人の出会いと人生悲喜こもごもで複雑」
私は、今まで生きてきた人生を振り返って、色々な人達と出会い、たくさんの人達との関わりあいの中で、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、笑ったり、楽しんだり、苦労をしたり、挫折をしたりしながらも一所懸命生きてきました。そうした一所懸命生きること自体が人生の喜びであったような気がします。
.
一時は苦しくて辛くても、我慢をして乗り切った時には、「やったー」という喜びと満足感が味わえます。人生の荒波や壁にぶつかっても、へこたれずに頑張って生きていく。自分が困っている時に、思いも掛けない人が助けてくれる、励ましてくれる。自分が傷つき苦しんでいる時の励ましは涙が出るほど嬉しいものです。
.
色々な人とのめぐりあわせ、出会いによって自分の人生が築かれていきます。子どもは親を選んで生まれてくることはできません。親も又、子どもを選んで産むことはできません。不思議なめぐりあわせによって生を受け、親と出会い、兄弟姉妹と出会って家族となります。
.
この地球上に何十億の人間がいても、自分の親や兄弟姉妹そして自分の子どもは他にいないのです。この素晴らしい不思議がめぐりあわせによって家族として出会えたのです。
.
人生の中で最初に出会う人が家族です。家族を大切にできなければ人生の素晴らしさは分かりません。誰とでも素晴らしいめぐりあわせが味わえる、素晴らしい楽しい人生を送ることです。

« 生物の共生を考える | トップページ | 住んで良かった町にしよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生物の共生を考える | トップページ | 住んで良かった町にしよう »