« 人間愛の精神と思いやりの心 | トップページ | 希薄化した人間愛 »

2020年8月18日 (火)

心の拠り所を持つ


IMG_0248
「何があっても頑張れる」・・・「心の拠り所」が大切です。
自分を取り巻く環境や状況が変わっても頑張れる、これがあれば生きていける、そんな「心の拠り所」となるものを持っことは大切です。

「心の拠り所」を持っている人というのは、芯が強く輝いているように見えるものです。「毎日を楽しく自分らしく輝かせたい」そう思った時、自分の目標を明確にすることや、それに向かってどんどん進んでいく原動力が必要です。

心の拠り所というと、一つというイメージを持つかもしれませんが、心の支えであり、生きがいであり、励みでもあるならば、あればあるほどいいと思います。複数の心の拠り所があると、どんな時でも自分を見失わずにいられるでしょう。

「心の拠り所」は、いくつも持っていたい・・・“生きがい”であり、“励み”です。
そして気持ちが揺らいだ時、無条件で支えてくれるという大切な役割を持っています。自分にとって、これがあれば大丈夫というものがあれば、もっと輝いて、そして前向きに進んでいける、そんな気がします。

« 人間愛の精神と思いやりの心 | トップページ | 希薄化した人間愛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間愛の精神と思いやりの心 | トップページ | 希薄化した人間愛 »