« 地域の環境を守ろう | トップページ | 命の尊さ »

2020年7月20日 (月)

老いて知る世の無常


10shiretoko5go_1ko2[1]
老いて、改まって知る世の無常
疎遠になっていた知人の訃報を聞きしますと、寂しい気分になります。
周りの人が一人欠け、二人欠け世の無常を実感させられ、日常の生活を見直し、この現実をわきまえて生きていかねば・・・。
.
「朝には紅顔ありて 夕には白骨となる身なり」
私たちは、朝には若々しい顔つきをしていても、夕方には白骨となってしまう身なのです。現に無常の風が吹いてきて、最後の一息が永久に切れてしまえば、せっかくの血色のよい顔も色を失って、桃や李の花のような美しさをなくしてしまうでしょう。
.
その時になって、親族の者が集まって嘆き悲しんだとしても、もはやなんの甲斐もないでしょう。そのままにしてもおけないので、野外に見送り、夜半に荼毘に付せば、煙となってしまって、ただ白骨のみが残るのです。悲しみはとても言い尽くせません。
.
人生は儚く、無常なものです。だからこそ人と人との絆を重んじ、短い人生を懸命に生きようとする姿勢は、尊いものです。一生懸命に生き、老いて、死んでいく・・・ただそれだけの人生、感謝してすべてを、お任せすること・・・人生はそれだけでいい。

 

« 地域の環境を守ろう | トップページ | 命の尊さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域の環境を守ろう | トップページ | 命の尊さ »