« 魂を磨く | トップページ | 老いても今を精一杯生きる »

2020年7月16日 (木)

年を取ることを楽しむ

3e0efb42073e3a102d859b5d9b3710fb[1]
ある一定の年齢を越えると、私たちは、つい年を重ねることをネガティブに考えがちです。高齢になるほど体力は落ちますし、社会との関わりそのものが、薄れてしまったような心細い気持ちになることもあります。

年を重ねることへのそうした不安は、「なるべく長く若さを保っていたい」という心の焦りを生むことがあります。心身の健康を気遣うことは確かに大切ですが、加齢を否定的に捉えるあまり憂鬱になってしまう、老化現象のすべては、まるで克服すべき大きな試練のようです。

今まで参加していたコミュニティから身を引く年齢になり、少し淋しさを感じる一方、無理な人付き合いから解放されて気が楽になることがあります。他人と自分との能力差や境遇を比べてストレスを感じる必要もなく、自分の価値観に従って、マイペースに過ごすことができる毎日は、心に平穏な幸福感をもたらしてくれると言えます。

年相応の対応
高齢になれば、体力的に行動力などが落ちます。今の自分にふさわしい目標を立て、焦らずじっくりと歩んでいく楽しみを見つけることです。例え結果が思ったように出なくても、自己否定することなく、挑戦することで、そのものに幸福を感じことになると思います。

« 魂を磨く | トップページ | 老いても今を精一杯生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魂を磨く | トップページ | 老いても今を精一杯生きる »