« 心ふれあうまち作り | トップページ | 年をとって思うこと »

2020年6月29日 (月)

過去にこだわらない生き方

「あの時は良かった」「もっとこうしてれば良かった」過去の武勇伝や、たらればを語る人はたくさんいます。過去を思い出して、上手くいかない現実から逃避したり、余韻に浸ることは悪いことではないと思います。
しかし、過去を振り返っても生きているのは「今」という時間です。もちろん過去も大切ですが、それ以上に大切にすべきは現在や未来です。

過ぎ去ったことにこだわり、過去にあったことがいつも頭をよぎって、過去を悔やんだり、過去にこだわったりするものです。過去にこだわりすぎると、今が過去になってしまい、今がなくなります。未来はやがて今になるから、未来もなくなってしまいます。

不安は尽きないかもしれません。しかし、過去だけでなく、未来のことにまで心をとらわれていては、肝心の「今」を忘れてしまいます。生きているのは「今」です。あれこれ思わず、「今」だけに尽くすことが、楽しく生きるコツなのではないでしょうか。

人生は線ではなく、点の連続です。「いま」という刹那の連続です。過去にこだわらなければ、だれでも自分の人生をふり返った時、よかったと思えるはずです。

« 心ふれあうまち作り | トップページ | 年をとって思うこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心ふれあうまち作り | トップページ | 年をとって思うこと »