« 平凡が非凡になる | トップページ | ベットタウンからライフタウンへ »

2020年6月13日 (土)

入梅で思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

004[1]

気象庁は、九州北部・関東甲信・北陸・東北南部、6月11日入梅の発表しました。うっとうしい季節になり、その上、新型コロナウイルスです。

今年は、新型・コロナウイルスで、世の中の生活のリズムが狂ってしまい、不安の毎日です。失業・世界中で、世界の経済・自然環境など大きな問題となってきています。

ローマ教皇フランシスコの警鐘
新型コロナウイルスの流行は生産と消費を減速させ、自然界について熟考するチャンスをもたらしたと指摘。オーストラリアを襲った山火事や、北極の氷の融解、世界各地で相次ぐ洪水被害などに触れ、「これが自然の報復なのかどうかは分からない。だが自然の反応であることは間違いない」と述べた。

「草枯れて 麦秋ごとき 梅雨の道」
私たちの地域に、国の一級河川の湯殿川が流れています。管理通路は、通勤・通学・買い物など、生活道路に使っています。例年ですと、毎年5月末までには除草(草刈り)をしていただいていますが、今年はまだです。担当の役所の方に伺ったところ、7月に入ってしまいそうとのことです。

« 平凡が非凡になる | トップページ | ベットタウンからライフタウンへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平凡が非凡になる | トップページ | ベットタウンからライフタウンへ »