« ひたむきな努力 | トップページ | 毎日を丁寧に生きる »

2020年4月20日 (月)

人生100年時代をどう生きる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

ka_072[1]

いま、世間では人生100年時代と言われてます。
高齢者は「どう生きるかが問われる時代でもあると思います。単純に言えば、周囲に惑わされず、しっかりした「自分を持つ」ということでしょう。そのための努力を惜しまず「100年といえども、一日一日の積み重ね」今日一日を、自分の納得するように生きる・・・という決意が大切なのではないでしょうか。

人間社会とのつながりを大切に
人は一人では生きていけません。多くの人と関わりあって生きられるのです。人を大切にし絆を強く結ぶために、そして周り人とうまく付き合うために・・・「自分の前に現れる人は、みんな自分を人間的に高めてくれる存在」と認識することです。そして、自分の出来ないところを補ってくれる大切な存在であり、自分を支えてくれるかけがえのない人であり、自分の至らない部分を教えてくれるのです。

今を精一杯生きる
今を精一杯生きるということが未来につながっているのです。そして、「真実はひとつ」ということ。人をねたんだり、うらやんだり、嘘をつかないことが大切です。思うように物事がすすまないのは、「周りの人や他人が悪いのではありません。全て自分が招いた現象です。」

「感情に振り回されるのではなく、冷静に相手の本当に言いたいこと、伝えたいこと、話の本質」を見つけ出すことが重要です。自分が真の自分に気付き、行動したとき「周りの人たちは自分の味方になってくれる存在」となるのです。

その時に生活環境を変えることなく安心して住みなれた家で地域で暮らしていけるようにしようではありませんか。地域の方も巻き込んだ中に包括的に地域の中にどう生きていくかを考え「新しい福祉を創造」していくことです。

« ひたむきな努力 | トップページ | 毎日を丁寧に生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひたむきな努力 | トップページ | 毎日を丁寧に生きる »