« 自己中心的な人 | トップページ | 地域の環境に優しさの心を »

2020年2月23日 (日)

人間と大自然のバランス

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

image017[1]

老いて知る 春ぬくもり 絆かな

年をとると、身体が思うように動かない。まして、今年のような「新型コロナ・ウイルス」が、世界的に広がりを見せている今年の春は、とくに体調に気をつけないといけない。お年寄りは、抵抗力が落ちているから・・・

今年の桜の開花予想は、平年より大幅に早く咲く見込みで、記録的に早くなる所もありそうです。地球温暖化は、気温が上昇させるだけでなく地球全体の気候を大きく変える「気候変動」を引き起こします。今年の開花予想は、東京では、例年より2週間早い、3月15日だそうです。

春は早くやってくることは、嬉しいものですが、これでいいのか?と不安な気持ちになり、季節の移り変わりに不安を感じます。

不安と言えば、人間と大自然のバランス関係
今や人生100年とされる時代ですが、わずか300年前、江戸時代の日本人の平均寿命はその半分にも満たなかったといわれています。また、このところ、核家族化が進み、近所でも私を含めて、お年寄りばかりが多くなってしまった。たまに子供が孫を連れてくるが、普段は子供の姿は見られなません。

今まで、近所の「ふれ合い」「絆」を大切にしてきましたが、その絆で、人と人の心でお互いに励ましあい、助け合いが、年をとって暖かく春の温もりが、薄れていくように思えるのは、私だけでしょうか?

« 自己中心的な人 | トップページ | 地域の環境に優しさの心を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己中心的な人 | トップページ | 地域の環境に優しさの心を »