« 縁とは・・・ | トップページ | 毎日ゴミ拾いをしています。 »

2019年12月18日 (水)

地球環境問題を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

09oga_akanegumo1[1]

経済発展の対価に環境破壊は進んでいます。COP25で、日本がブラジルと「化石賞」いただく・・・小泉大臣は二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電を巡って具体策を示せず、各国から批判を集めていました。

日本のみならず、今後の人類にとって地球環境問題は大きな課題であることは言うまでもありません。数年前からよく報道されるようになった大雨による災害、日本における台風19号・竜巻の被害、海外では熱波にさらされるヨーロッパや、雨が降らないオーストラリアの山火事など、毎日テレビをつければ必ずと言って良いほど異常気象のニュースを目にします。

これらの問題が地球温暖化の影響によるものか。識者の方々は日々研究に明け暮れているのです。

では、そもそも地球にとっての環境問題とは何なのか。それ現代で叫ばれている「地球温暖化」や「生物多様性の劣化」などといったものであると答えられるほど単純な話ではなく、もっと根幹の部分に触れていかなければ解決への道は開かれません。

根本的に地球環境の問題に直結する要因は、今回の話では「リスク」と呼びます。要因とは言うものの、我々の経済活動によってリスクが生まれるのか、リスクが生まれるから新たな問題が起こるのか。どちらが先なのかは判断が難しいところです。

現在、社会科学的な問題を除いて、私たちの環割に存在するリスクは7つあると言われています。
① 資源の枯渇
② エネルギーの枯渇
③ 生物多様性の劣化
④ 食料の分配
⑤ 水の分配
⑥ 急激に増える人口
⑦ 地球温暖化に代表される気候変動

一見独立してみえるこれらのリスクも、よく考えてみるとそれぞれがひと繋ぎになり得る問題ばかりです。例えば、①資源の枯渇が進めば、②のエネルギーの枯渇に繋がります。

その反面、人口が爆発的に増えていることに対し、生産性が追い付いていないため、食料と水の分配はシビアなものになってきます。しかし、生産活動は続くため、多くのCO2が排出されており、地球温暖化は進むばかりです。全ての問題はリンクしているのです。

« 縁とは・・・ | トップページ | 毎日ゴミ拾いをしています。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縁とは・・・ | トップページ | 毎日ゴミ拾いをしています。 »