« 持続可能なまちづくり | トップページ | お陰様で・・・ »

2016年7月21日 (木)

感謝の心で生きる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

798pxnelumbo_nucifera21

生きていること…生かされていること…

人は、一人では生きていけません。空気、水、食料、また家族、さらには地域社会など、自分を取り巻くあらゆるものに支えられて生きているのです。そう考えれば、自然に感謝の心が出てくるはずです。生きていれば、病気や怪我に遭うこともありますが、幸いに今があるのです。

特別ではなく当たり前の日々に感謝する…

私たちは多くの人に助けられ、沢山のものに生かされています。ときに誰かを傷つけ、気づかぬうちに迷惑をかけてしまうこともあります。困ったときはお互い様…気持ち持つことです。人は、弱い生き物です。だからこそ、助け合い寄り添いながら生きてこられたのです。

大切なのは感謝の心を失わないこと…「ありがとう」という気持ちを忘れないことです。そして忘れてはならないのは、自分を生み育ててくれた、両親そして先祖があって、今の自分があるのです。

私は思います…息して、食べることができて、歩くことができて、ぐっすりと眠ることができて、そして、自由に誰にも束縛されず生きていられること…若いうちは、当たり前すぎて、何も思わなかったですが、いま、感謝の念を忘れないようにしています。当たり前のことだからこそ感謝しなければいけないことです。

当たり前にできていたことに不自由になって、当たり前にできることが、当たり前でなかったことに気付くのです。

「感謝」の反対は「当たり前」

 人は慣れる生き物です。はじめは感謝したいたことも、しだいに鈍感になってきます。「やってもらって当然」そんなふうに考えてしまいます。身近なものほど「当たり前」になりやすい。つい感謝の心を忘れてしまいがちです。

相手を「敬う」気持ちが薄れていく…感謝の気持ちがあっても、口に出して言わくなる…思っているだけでは伝わらないこともあります。

「ありがとう」感謝の心を、言葉して伝えてみる…言われた相手も、言った本人も気持ちがいいものです。身近な人に感謝の言葉を伝えてみるのも、大事なことだと思っています。

« 持続可能なまちづくり | トップページ | お陰様で・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感謝の心で生きる:

« 持続可能なまちづくり | トップページ | お陰様で・・・ »