« この町が好きです | トップページ | 幸せを感じ心豊かに »

2016年7月10日 (日)

自分の幸福度を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

3612

自分の幸福度を常に相対評価している人がいます。人と自分を常に比べて、その都度高かったり低かったりするので、自分の軸がブレまくりで、不安になってしまったりします。

人生を幸せに送るために、一番大事なことは絶対評価です。自分自身が自分の結果に満足するか否かという絶対評価が、人生の幸せ度を測る基準となるからです。

人と比べてばかりいる人生では、いつまで経っても幸せは訪れないでしょう。なぜなら、どこまで相対評価で上に行ったとしても、かならず上には上がいるからです。

それよりも、自分を基準にして、自身の結果に満足するという人生のほうが、幸せ度は高いものだと思います。また人間関係を作っていくうえでも、他人と比べて、優越感を感じたり、劣等感を感じたりすることには、なんの価値もありません。

円滑に人付き合いを進めていくには、優越感や劣等感は、邪魔な存在です。優越感を強く持っていれば、他人に対して、傲慢になったり不遜で見下すような態度になる恐れがあります。

他人と比べる必要はないと言っても、ライバルの存在や友人と切磋琢磨することは、もちろん良いことです。他人から刺激をもらうのは、時には必要なことでもあると思います。

ただし、他人と比較して他人を羨む必要はありませんし、他人を見下したりしてはいけません。また、他人と比べて、自分を憐れんだり、卑下したり、自己否定をする必要もありません。また、優越感や劣等感を持つ必要は、まったくありません。

人にはその人の良さ、自分には自分の良さが必ずあるはずです。人生は自分との戦いでもありますから、自分自身が自分に満足するかどうか、という点が一番大事なことです。

「人は人、自分は自分」と、他人と比較することをやめて、自分の最大の敵は自分だ、と言い聞かせたほうが、充実した人生にもなり人間関係も良くなると思います。

« この町が好きです | トップページ | 幸せを感じ心豊かに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の幸福度を考える:

« この町が好きです | トップページ | 幸せを感じ心豊かに »