« 盆踊りの太鼓と風鈴 | トップページ | 人生は弛みが大切 »

2016年7月26日 (火)

困ったときはお互いさま

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

09hirugao31

「地域の共生社会」

昨日、近所のことで、未婚の息子と二人暮らしで、息子は勤めで日中は一人、80歳代の主婦が、転んで腰が痛く、近くの整形外科に診てもらっているが良くならない…という。

そのお宅の前の同世代の奥さんが、クチコミで、ちょっと遠い整形外科医院に車で連れて行くことにしたというこてでした。

それには、連れて行く方が、脳梗塞の後遺症が残るご主人を、看ていて欲しいと私が頼まれました。私は心よく返事し、看て上げたのです。

その時間は4時間…その結果、転んで腰が痛い要因が分り安心したという…これが近所の助け合いだと思います。近所の内科で医院の先生の指示で飲み薬をいただけるということでした。当の本人も安心…したことでしょう。

少子高齢化、核家族化、晩婚・未婚化と社会構造が大きな変化しています。終身雇用で年功序列…から実力競争社会になって…自由だが、格差もあり、収入も不安定?…との理由から未婚が多い一つの原因だと思います。

今、私たちの住む地域社会では、高齢化・一人暮らしのお宅が増えてるのが現実です。子どもや高齢者などさまざまな立場の住民が助け合う「地域共生社会」の認識が大事なことだと考えています。

住民が一人ひとりが(困っている人)に出来ることをしてあげる…声をかけるだけでもいいじゃないですか…きっと元気が出ると思いますよ。。。

« 盆踊りの太鼓と風鈴 | トップページ | 人生は弛みが大切 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困ったときはお互いさま:

« 盆踊りの太鼓と風鈴 | トップページ | 人生は弛みが大切 »