« 家族のコミュニケーション不足 | トップページ | シニア世代の不安 »

2016年6月22日 (水)

自然環境に認識を深めよう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07akitakoma

当たり前のように、タバコの吸い殻を路上に捨てる…空き缶・ペットボトル・食べ物の容器まで、当然のごとく、空き地や、川に捨てて行く…歩きながら…車の運転しながら…の行為です。今の世の中、そんなに忙しいのでしょうか…

自然環境は破壊されてしまい、取り返しのつかない結果が待っている…自分も犠牲になることになることも知らない?認識がない?恐ろしいことです。

私たちは、豊かで便利な生活を追い求めて、その便利さや豊かさを当たり前のように感じ享受しています。

その結果、当たり前になっている消費生活が生活排水による水質汚濁や近隣騒音問題、ゴミ処理問題などの都市・生活型公害や自然環境の破壊を引き起こしています。

さらに、活発な生産活動や豊かな消費生活は、地球上の多くの貴重な資源やエネルギーを消費し、地球温暖化やオゾン層の破壊、野生生物の絶滅、砂漠化、熱帯林の減少などの複雑・多様化した地球環境問題を招いています。

こうした問題の多くは私たちの日常生活そのものに根ざしており、解決のためには私たち一人一人が、問題認識を持つことです。

具体的には…

① 人間と環境の関わりについての理解をし認識をする。

② 豊かな自然や快適な環境の価値についての認識を高める。

③ 環境に配慮した生活や責任ある行動をとる。

④ 環境問題を引き起こしている社会経済の背景や仕組みを知る。

⑤ 社会経済の構造を環境に配慮したものへと変えていく努力をする。

そのためにはまず、環境に対する豊かな感受性や見識を持つ「人づくり」が環境問題解決の確実な方法といえるでしょう。その方法として「環境教育・環境学習」がクローズアップされ、重要性・必要性がますます高まっているのです。

« 家族のコミュニケーション不足 | トップページ | シニア世代の不安 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然環境に認識を深めよう:

« 家族のコミュニケーション不足 | トップページ | シニア世代の不安 »