« 六月の句 | トップページ | 素直に日々実践し身につけたいこと »

2016年6月 5日 (日)

梅雨入りで思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

800pxyatsudakatoricityjapan1

梅雨入りや 早苗の上を ツバメ飛ぶ

気象庁は4日、九州、四国、中国、近畿、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。早苗とは… 苗代から田へ植えかえるころの稲の苗のことです。

東京地方は、梅雨入りはまだですが、朝から雨が降っています。発表もう間近のことでしょう。(今日梅雨に入ったと気象庁)

梅雨というと、田植えを思いだします。雨の中、箕の傘を被り、苗とりをした、母親の姿が、今も目に浮かぶのです。農家の最大イベント「田植え」で、子供も含め一家総出での行事でした。

牛も田んぼに連れられて、田起こしです。子供の私は牛の鼻どり…10時のお茶…そして、3時の“おこじゅう”が楽しみでした。苗を植えたばかりの田んぼに、つばめが飛び交う…懐かしく思いだされます。

 作詞者 井上 赳  作曲者 中山晋平

そろた 出そろた  早苗(さなえ)が そろた
植えよう 植えましょ  み国のために
米は宝(たから)だ  宝(たから)の草を
植えりゃ  黄金(こがね)の花が咲く

そろた 出そろた  植え手も そろた
植えよう 植えましょ  み国のために
ことしゃ豊(ほう)年  穂(ほ)に穂が咲いて
みちの小草(こぐさ)も  米がなる

« 六月の句 | トップページ | 素直に日々実践し身につけたいこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りで思う:

« 六月の句 | トップページ | 素直に日々実践し身につけたいこと »