« 自然環境に認識を深めよう | トップページ | きれいなまちで暮したい »

2016年6月23日 (木)

シニア世代の不安

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

06oga_toga11

シニアの不安とは、「お金」・「健康」・「家族」つまり“3K”です。

過去の調査など見ますと…「生活のための収入こと」・「自分や配偶者の健康や病気こと」・「子や孫の将来のこと」だそうで、私もその通りと思います。

核家族化で、「孤独」に自らの将来を不安に感じる高齢者は年々増えていると思います。その背景としては、景気の悪化傾向なども原因の一つとして考えられます。しかし、これから高齢化社会を迎える今、私たちに課せられた課題は、高齢者が安心して暮らせるための社会づくりであることは言うまでもありません。

また家族の在り方が変化してきた今、独居老人の増加が考えられます。一人で孤独を抱え、一人で最後のときを迎えるようなことは決してあってはいけない、そのためにも家族の在り方をもう一度見直すとともに、社会全体で、高齢者のみなさんを見守り支えるシステム(体制作り)が求められると思います。

高齢者の皆さんが不安を抱えることなく、穏やかに過ごすことのできる社会づくりが大事なテーマとなってきたと思います。

―高齢者の生きがいとは?

「生きる喜びや満足感」・「生活の活力やはりあい」

男性は…「他人や社会の役に立つ」ことを考えもありますが、女性は…心の安らぎや気生きがいは、孫の成長を楽しみ、自然に親しみ、仲間と趣味を共有して静かに暮らすことでしょう。

―レジャーの社会化

レジャーという言葉は、ただの気晴らし、生活と切り離したところでの遊びのイメージが強いですが、これからの高齢者は働く、学ぶ、遊ぶのすべての分野に「社会性」を求められます。

労働を単なる生活の手段としてとらえず、社会的価値を求め、遊びも社会に向かって自己実現できるものを求める手段となると思います。

« 自然環境に認識を深めよう | トップページ | きれいなまちで暮したい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニア世代の不安:

« 自然環境に認識を深めよう | トップページ | きれいなまちで暮したい »