« 貧困と貧乏…を考える | トップページ | どうして人間同士がうまく行かないのかなぁー »

2015年2月 6日 (金)

老いても出来る

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

老いと向き合う

私は、「最近年をとったなぁー」と、しみじみ思うことがあります。足腰の衰え、記憶力の低下・注意力・判断力の低下などが、謙虚に感じられます。

今、私も含めた団塊の世代という人々が定年を迎え、これから超高齢化社会に入っていきます。そういえば、テレビに出て来る歌手や俳優の名前もなかなか覚えられません。

いつまでも若くありたいのは、命ある者の共通の願いでしょうが、老いる事の苦しみと老後の不安がひしひしと感じられます。ましてや、一人でお暮しの方はもっと深刻に「老いる事」への不安を感じておられると思います。

しかし、どのように抵抗しても、だれでも老いていきます。であるならば、老いる事を恐れず、老いと向き合いながら生活をしていく「前向き」の人生を考えるしかないのです。

晴れも良し、雨も良し、元気も良し、老いもまた良しです。日々是好日なのですから…生きていられるだけで、幸せであり、満足であると思うようにすることが大事だと思います。なかなか難しいことですが…

生きがいを見つけることです。

私は、いま実践していることですが、町の清掃活動をしています。このことを長年続けて、思うことは、元気だからです。環境(自然)を守る…また、防犯パトロールを積極的に参加する…安心・安全な町に…など奉仕活動をしています。

地域の皆さんから、「ご苦労さん」・「ありがとう」の言葉でこれからも、続けて生きたいと思います。年をとっても、ゴミ拾いをしながら地域の皆さんに喜ばれる…これが嬉しいのです。

« 貧困と貧乏…を考える | トップページ | どうして人間同士がうまく行かないのかなぁー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老いても出来る:

« 貧困と貧乏…を考える | トップページ | どうして人間同士がうまく行かないのかなぁー »