« 子どもの遊びから・・・ | トップページ | 冷えた朝 »

2013年11月14日 (木)

未婚社会で思う

Tombi061 「未婚社会」・「絶食系男子」・・・誰が名づけたかは分からないけれど、私は人口減で、日本の将来が心配する一人です。

NHKの番組に取り上げられたそうですが、今朝の7時のニュースでも取り上げられました。少子高齢化で、日本沈滞化していくのは間違いないと思うからです。

「結婚しない? できない?--男性の「生涯未婚率」が2割を突破、30年前の10倍に」政府は25日、2013年版の「少子化社会対策白書」を閣議決定した。白書では、未婚率の上昇や、子育て世代の低所得層へのシフトなどが少子化につながっていると分析していているそうです。

総務省の「国勢調査」によると、2010年の未婚率は、男性では25~29歳が71.8%・30~34歳が47.3%・・・また、生涯未婚率を30年前と比較では、男性は2.60%から約10倍の20.14%に、女性は4.45%から2倍強の10.61%に上昇したという。

確かに結婚しない自由・結婚しても子どもを生まない自由はありますが、日本の若い人のみならず、政治家・会社経営者・学校などの教育者などの多くの人が、日本の未来を考えて欲しいと思いいます。

むかしは、社会に認められるのは、家庭を持つ「既婚者」で、未婚は認めて貰えなかったのです。結婚することにより、子ども生み、育て成人にさせることが、一端の大人と言われていました。それが一般社会の通念でした。だから、結婚しない人は“かたわもの”の目で見られました。

しかし、現在では、家庭を作り、苦労して家族を守ることより、自分の意思で生き、面倒で余計なことは考えず・・・何かに没頭したいという人も多くなってきているのです。

私は、ある面、社会構成という意識が欠如者だと思っています。社会活動していて生活できるのです、責任のない生き方(考え)は納得できません。その表れが今問題となっている、自己中心的な人になってしまうのです。

実情は・・・「結婚の意思があるが、出来ていない」という人が増えているようです。「不安定な雇用」・「収入減少」・「親との同居」・「両親の不仲」など実にさまざまな要因と、そうした男性の多くが、「精神的重圧」を感じていることで間違いないと思います。

こういった風潮が長く続くことに危機感を覚えます。真剣に国全体で考える必要があると思います。

そして、こんな意見もあります。「そもそも他人が結婚するかどうかに口を出すのがおかしいです。収入が少なかったり、容姿が悪ければ結婚しにくいのも当然です。いちいち数値をはじき出して「~は問題だ」という発言をすること自体が異常なんです。」・・・とありますが?

« 子どもの遊びから・・・ | トップページ | 冷えた朝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未婚社会で思う:

« 子どもの遊びから・・・ | トップページ | 冷えた朝 »